チャトレに罰金や罰則規定はあるの?

チャトレというお仕事はメリットが多いけれど、実はその陰に厳しい罰金があったり、罰則があったりするのでは? と思うかたもいるかもしれませんが、そのようなことは一切ありません。
基本的に男性会員とカメラの前できちんとお話してもらえれば、そのようなことになることは、まずありません。勿論、会話の途中でカメラの前からいなくなるなんて非常識なことがあってはいけませんが、そういう場合でも余程悪質な場合でなければ、罰則を適用されることはまずありません。
チャトレとして登録しているサイトによってそのルールは少し違うと思いますが、常識的な行動をしていればルール違反になることはまずないと言ってもいいでしょう。
ただ、最近ライブチャットのサイトも随分と増え、複数のサイトに登録しているチャトレも多くいらっしゃいますが、同時ログインというのはどのサイトも禁止しています。同時ログインとは違うサイトの待機を同時にすることです。
チャトレにとっては効率よくお金を稼ぐことが出来るかもしれませんが、もしも、別々のサイトで同時にお客様が一人のチャトレのところにきたら、チャトレは一人しかいませから、チャトレ不在のサイトはお客様から信用を失くしてしまいますよね。
チャトレとして高い報酬をお客様やサイトからいただくのですから、そのようなお仕事の仕方はお客様にもサイトにもたいへん失礼です。だから同時ログインは絶対にしていけないのです。あまり悪質だと、どのサイトからも登録解され、チャトレとしてお仕事が出来なくなるという可能性もありますから絶対にしないようにしましょう。
またノンアダルトサイトでのルール違反にも注意が必要です。
完全ノンアダルトのサイトでお客様の要求にこたえてアダルトなことをすると厳重注意があったり、場合によっては登録解除になってしまう場合もあるようです。
ノンアダルトの料金はアダルトにくらべて安く設定されていますから、安い料金でアダルトなチャットが出来るとなると、そのお客様だけに特別なことをしていることになりますし、ノンアダルトというイメージを大切にされているサイトにたいへんな迷惑がかかってしまいます。それこそ場合によっては損害賠償の対象になってしまいます。
ですからノンアダルトのチャトレとしてお仕事をしている場合は、例えお客様の要求があったとしても丁重にお断りして、アダルトな行為をしてはいけません。このような形でルールを守って常識的な行動をしていれば、罰則も罰金も関係ないのがチャトレというお仕事なのです。