チャトレは男性会員といずれ会うことになるの?

「チャトレっていつかは男性と会わなくてはいけないのですか?」という疑問を持つ方も多いようですが、その答えは「いいえ、そんなことはありません!!!」です。
チャトレというお仕事はまだまだその詳細があまり知られていないので、いいイメージばかりではありませんが、実際のチャトレのお仕事はノンアダルトの場合はお酒を飲む必要もありませんし、当然、アダルトなことをする必要もありません。
ただ、パソコンの前で男性会員とマイクでお話したり、キーボードでテキストチャットをしたり、時には携帯電話でお話をしたりするだけのお仕事です。
インターネットというものを使ってお仕事をするせいでなんだか、出会い系サイトと同じ目でみられることも多いらしく、そのせいで「いずれは、男性会員と直接会わないといけなくなるのでは?」という心配をされる方も多いのですが、ライブチャットを運営するサイトでは、男性会員に連絡先を教えることや、直接会うこと基本的に禁止にしているところも多いのです。
その点はどのライブチャットの運営会社からも登録の時に注意事故として言われる筈です。チャトレのプロフィールも真実ではありませんが、男性会員のプロフィールも事実かどうかわかりませんから、直接会うことはたいへん危険だとサイト側も認識しているからこそ、禁止しているところも多いのです。
ただ、チャトレとしてお仕事をして常連さんから指名をもらい、仲良しになるとだんだん油断が生じてきて「この人はきっと大丈夫」だという思いから連絡先を教えたり、直接会ってしまったりもするようですが、チャトレというお仕事を長く続けていくならば特定の個人と深く付き合ってしまうより、たくさんの男性会員と仲良くして、チャットをたくさんしてもらう方が、収入も得られますし、危険度も下がります。
こう考えても連絡先を教えたり、直接会うことはチャトレとしては得策ではないということが言えます。それでも、連絡先を教えたくなる、会いたくなるような魅力のある男性会員に出会ったとしたら、それはそれで良いご縁かもしれませんのでトラブルにならないように注意して連絡を取り合ってもかまわないのではないしょうか。
チャトレはクラブやスナックなどのホステスさんとは違って、同伴やアフターといった直接交流を持つことは勧めていませんので、その点に抵抗がある方には安心して出来るお仕事です。男性会員と直接会うというのはそれぞれ個人の判断でありサイトとして強制したり、推奨したりしているわけではないのです。