男性に喜ばれるチャトレの会話テクニック

チャトレというお仕事を始めたら、一体どんな会話をすればいいのだろうと思うこともあるかもしれません。当たり前のことですが、挨拶や簡単な自己紹介は忘れてはいけませんよね。どんな方にも礼儀はとても大切なことですから。
では、挨拶や自己紹介が終わったら具体的にはどのようなことを話したら良いのでしょう。難しいことを考えずに相手の気持ちや雰囲気を考え、相手を思いやった会話をすれば、まず間違いはありません。
例えば、相手が少し元気がないように見えれば「元気ない感じがしますけど、大丈夫ですか?」と声をかけてあげれば相手も、チャトレという仕事でのみ接しているのではなく、自分のことをちゃんと気にかけてくれる人なんだ。という印象を持ちますよね。
また、無理に相手のご機嫌を取るようなことをしなくても、なんとなく相手の来ている服などが感じ良く見えたら「その服の色、今日の私のラッキーカラーなんですよ!ラッキー!」とこちらも自分もハッピーになることを言ってみるのも良いかもしれませんね。
それでも人気のチャトレの会話術というものはあるものです。よくチャトレの会話はキャバクラ嬢に学べなんて言いますが、直接お客様の相手をするキャバクラ嬢はお客様を楽しませる会話や技をたくさんもっていますから、そこに学ぶことは大変良いといえます。
そんなキャバクラ嬢が教えるテクニックは色々あります。その基本中の基本をいくつかご紹介します。男性に喜ばれる会話のテクニックとしては一番には相手を誉めることです。
例えば明らかにイケメンで周囲からイケメンだと言われてそうな相手には「私はこういう系のイケメンが好きです」という言い方をすればただ「カッコいいですね!イケメンですね!」と言われるよりも相手は好感を持つ筈です。
また、年配のお客様には「私、同世代の男性ダメなんです。だから年上の方、嬉しいです」と言えば、相手も喜んでくれることが多い筈です。しかしここを「私、年上が好きなんです」と言ってしまえば、ありきたりすぎて相手は少し疑うかもしれませんよね。このように誉めることをうまく進めれば相手は喜んでくれるのです。
しかし、ただ誉めるのではなく、その理由をさりげなく付け加えたりすると相手はもっと喜んでくれることが多いのです。また、相手のお名前を呼ぶのも、男性を喜ばせる方法の一つです。例えば太郎さんという方なら「たろうさん」とか「たとうちゃん」とかちゃんと声に出して言うことはたいへん高感度が上がります。
自分が言われて嬉しいことを相手に向けて言うというのも、男性に喜んでもらう秘訣です。