チャトレのカメラ写りについて考える

チャトレの仕事をするとわかるのが顔出しと顔出し無しの場合のお客さんのつき具合の差です。顔出しは任意といってもやはり顔を出している人の方が顔を出していない人よりはるかにお客さんのつき具合が違います。
最近は野菜一つにしても生産者の写真がのっているような時代ですから当然と言えば当然なのかもしれません。プライバシーの問題を除いて顔出しをしない理由を考えると出てくるのは自分の顔に自信がなくて顔出しができないという所なのではないでしょうか?
しかし自分の顔に自信がなくてという理由ほどもったいない理由は存在しません。それだけの理由なら自信を持たせて思い切って顔出しできるようにしてしまいましょう。まず自信がない部分がどこなのかというのを客観的に考察してみましょう。その部分がわかればそこの部分をうまい事ごまかす事ができれば良いだけの話です。
全体像を見ているとどこに対して自信がないのかわからないと言うのであれば顔のパーツパーツを手で隠して鏡で見てみるようにしましょう。どこかで一瞬でもこの顔なら可愛いかも?と思えたならその時に隠した部分こそが自信をなくさせている原因の部分です。
それが輪郭だとすればウェブカメラをあおり気味の位置に設置する事によって下に向かって細くなるように見させて輪郭をごまかすという事が可能です。鼻や目元が気になるという方はメイクをしていますでしょうか?
女性のメイクは神の奇跡です メイク一つで平凡な顔つきが絶世の美少女になる瞬間は最近インターネットの動画配信が進むにつれていろいろな場所でみられるようになりました。またテレビ番組の企画でも照明やメイクで普段は容姿がおせじにも優れているとは思えない人たちがなんとも美麗な人たちに変身するという事も行われております。
気になるパーツが顔の中にあるのであればそこの部分のメイクについて重点的に調べ上げて自分の気になるパーツ部分の傾向と対策をねった上で会心のメイクを施せば殆どの顔のコンプレックスはゼロになります。
体系が気になっているという人は体格が良いから気になるのであれば布団をかぶって体のラインが出ないようにしながら在宅で話している感を演出できますし体が細すぎるのが気になるのであれば少し多めに服を着るなど本当にちょっとした事でカメラうつりを調整する事ができます。
自信がないから見せない、ではなく自信がない部分を研究して出せるように努力していれば自然とその前向き姿勢はお客さんにも伝わります。