チャトレの照明効果について考える

チャトレを始めるにあたって必要なものはあらかじめライブチャットのサイトの方に明記されております。それだけそろえておけば基本的にはすぐにチャトレ業を始める事はできるのですがサイト側で明記されている必要なものと言うのは本当に必要最低限のツールとなりますのでそのままそれを鵜呑みにして始めてしまうとなかなかお客さんがつかずに困ってしまうという事もあるかもしれません。
ここでは意外に用意していない人も多いと思われる照明器具について説明をさせていただきます。電気ついている所でチャトレやってるよ と思われている方、恐らくその照明器具ではありません。今回話題に出すのは撮影時に光をつけるライティングについてのお話です。
チャトレを始める際インターネット接続環境とウェブカメラがあればたしかに直ぐに仕事を始める事ができます。しかしこのウェブカメラが曲者でプロのカメラマンが撮影する訳ではありませんので本当にそのまんま自分の姿が映ってしまいますのでどうしてもそのままの状態だけだとなかなか顧客がつきにくい状態になってしまいます。
じゃあどうすれば良いのか?そこはテレビ番組の撮影を見習ってライティングを行うのです。本格的な機器ではなくても良いので市販されているスタンドライト位は顔の照明の為に用意しておいた方が顔の見え方は全然違うくなりますので良いです。もちろん多少薄化粧もしておいたほうがライトで綺麗にうつりますのでそのあたりにも気を使って置くようにしてください。
ちなみにベテランチャトレともなるとこのライティングにも数万単位でお金をかけて立派なライティングを行う用にしている方も多くいらっしゃるようです。やはり安定して高収入を得ている人と言うのはそれなりの初期投資を行っているものです。
ライティングにわざわざお金をかけて、もし何の反応のなかったらどうしようと思うかもしれませんが現段階で何もしない状態で何の反応もないまま続けてしまえばチャトレの暗黒層にそのままとつげきしてしまうかもしれません。何もなかったらどうしようではなく何かあるように努力をする事こそがチャトレ天国層への近道となります。
ちなみにライティングは蛍光灯タイプでも問題はありません ちょっと手作り感満載になってしまいますがアルミホイル等で反射を強くするというのもライティングに予算をあまりさく事ができないビギナーチャトレさんには価値のある方法となりますので是非一度お試しください。